会社沿革

  • HOME »
  • 会社沿革
1989年
中国東北地方工場立地調査として大連に入る。
1993年
大連市に日系企業を紹介。
この間、大連←→日本を往来し、適地を検討。当時副市長、後に市長を務めた李永金氏との友好も図る。
一方、中国人三名を日本に招き現地業務についての研修を行う。
2000年
大連市への進出を固め、進出済みの日系企業の動向と現状分析。
2001年
大連開発区にて、現地法人開設準備室を設け活動開始。
2001年
04月
大連保税区内に資本金40万US$で大連西貝尓銘板制造有限公司を設立。営業許可取得。
2001年
08月
四台のラベル印刷機”A-100″、”A-100II”二台、”SM-45M”を設備投資。
本社から第一回生産技術指導を受け操業開始。
2002年
01月
ラベル印刷機”A-100″、岩崎製”L-200″及び製版機二台を設備投資。
2002年
08月
ONDA製抜き加工専用機”OPM-HL300-S”、”シール用抜き型製作機器一式”を設備投資。
2002年
12月
中国人六名、本社研修生として日本へ派遣。
2003年
07月
投影型測定器を導入。
2003年
08月
三條機械製・間欠輪転機”NS-250″を新設導入、設備投資。カラー化、高級化に対応。
2003年
12月
中国人三名、本社研修生として日本へ派遣。
2004年
03月
定期技術指導出張計画に基づき、月に一度の第三回長期技術指導開始。知識と技術の充実を図る。12月まで。
2004年
07月
資本金125万US$(約1億5000万円)に増資手続きを完了させる。
「印刷行業許可証」取得。
2004年
08月
UL・ALSプログラムに登録。
2008年
01月
三條機械製・間欠輪転機”NS-250″3色機を追加導入。

TEL +86-411-8732-0050 8:00〜16:40

大連西貝尓銘板制造有限公司は大連唯一の日本独資100%のラベル印刷会社です。中国での印刷経営許可証取得。中国国内に向けたラベルの提供を行っております。
PAGETOP