シーベル産業株式会社

シーベル産業株式会社 企業情報

会社沿革

1976年 5月 黒沼光生、個人経営にて創業
1979年 4月 資本金100万円 株式会社三光シーベルとする
1980年 6月 大泉町吉田に工場新設
1981年 資本金320万円に増資
1984年 7月 千代田町福島に工場新設、本社とするシルク印刷機導入、製版設備一式導入
資本金1,200万円に増資
1985年 9月 企画、デザイン部設置
日本ランナー株式会社設立
オリジナル商品ピンピー発売
1986年 12月 千代田町福島にシルク印刷工場増設
1987年 8月 大型ラベル印刷機導入
資本金2,700万円に増資
1988年 5月 直販店「らぽーる」創設
1989年 3月 資本金3,600万円に増資
大型シルクスクリーン印刷機導入、UL規格取得
1989年 8月 ふれあいビル完成(大泉町)
CSA規格取得
1991年 8月 全自動フルカラープリペードカード印刷機(5色)を導入
1992年 3月 千代田工業団地の用地取得
1993年 5月 千代田工業団地に新社屋完成、操業開始
資本金4,800万円に増資
1994年 7月 遠赤外線乾燥機、ロボット付プレスを導入・設置
1995年 3月 ラベル輪転機2台目を設備
1996年 7月 C.Iによりシーベル産業株式会社に社名変更
1998年 8月 高速凸版輪転機導入
2000年 7月 オフセット間欠輪転機、三次元加工用フォーミングマシン導入
2000年12月 大泉情報管理センター完成
大泉加工・アッセンブリセンター工場完成、操業
2001年 4月 全館クリーンルーム工場完成、操業
CCD制御スクリーン印刷機、CCD制御ガイドパンチ機(2台)導入
インサートインジェクション成型機(5台)
2001年 6月 全自動CCD制御スクリーン印刷機導入
三次元加工用ベンダーマシン(2台)導入
最新鋭精密平面スクリーン印刷機導入
中国大連市に大連西貝尓銘板制造有限公司を設立
2001年 8月 資本金7,800万円に増資
2002年 5月 液晶、POP用スクリーンの印刷専用工場開設/大利根西工場
2003年 6月 液晶用拡散板加工の生産開始/千代田工場
2003年 9月 液晶、POP用スクリーンの印刷専用工場開設/大利根東工場
2005年 7月 シール、ラベル専用印刷工場の開設/邑楽工場
高速凸版8色輪転機導入
2007年 10月 全日本シールラベルコンテストにて優秀賞を受賞。
2008年 4月 樹脂凸版間欠輪転機を導入。
2009年 1月 樹脂凸版CtPを導入。
2009年 7月 大泉情報管理センター、日本ランナー株式会社を千代田工場内に統合。
2009年 11月 成型部門を撤廃し、実質、千代田工場、邑楽工場、大連工場の三工場体制とする。
2009年 12月 黒沼光生から黒沼健一郎に代表取締役を交代。