シーベル産業株式会社

シーベル産業株式会社 企業情報

社長就任のご挨拶

 

 皆々様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 わたくし、黒沼健一郎はこの度定期株主総会において、父である黒沼光生前社長の後を引き継ぎまして当社の代表取締役社長に就任いたしました。
 
 弊社は僅か数名の小さなラベル印刷工場から始まり、1976年の創立から34年を経る過程で、スクリーン印刷事業への事業拡大、高度な電子部品の加工、中国・大連市への進出など絶え間ない挑戦を続けてきました。これもお取引先様をはじめ、地域社会のみなさまのお力添えがあってのことです。
 
 そんな中、弊社も時代の変化と共に新たな局面での大きな変革を求められているものと感じております。

 まず第一に、グローバル化した国際社会との共存です。わたくし自身、大連工場の立ち上げから常に感じてきたことですが、日本人が日本国内でシール・ラベル/スクリーン印刷の特殊印刷を続けていくためには、「よりお客様から必要とされる」専門力を持った印刷技術及び提案力が重要だと考えております。

 第二に、中小企業としての「柔軟な機動力」です。絶え間ない変化に強い企業を目指し、情報通信技術を上手に活用し「スピーディな情報共有と判断」・「実践的な行動力」・「継続的改善」の三つを柱に社是の「ね・ば・り」と絡めて実践していきます。

 最後に、環境配慮型の事業展開です。昨今のエコブームに終わらせることなく、環境に対する本来的な意義を捉え、自主活動から推進してまいります。
 
 このような変革期での重責であり、身の引き締まる思いでありますが、皆さまから必要とされる会社にすべく全力を尽くして取り組んで参りますので、さらなるご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

2010年1月 吉日
代表取締役社長 黒沼 健一郎